交通事故に強い弁護士へまず相談!

小学生の交通事故

これは自分が小学生のときの体験談となります。自分は地元のマンションの敷地内で友人とサッカーをしておりました。自分たちがプレイをしていると、サッカーが路上に転がりだしたのです。

サッカーボールが原因の交通事故

以前にも同じようなことがあり、自分のサッカーボールがパンクをしたことがあったので、同じことが起らないように自分はあわてて、路上に飛び出しました。そのときに徐行をしてきた車がきたのですが、自分は止まることができずに車に体当たりをするような形で車と接触事故を起こしてしまいました。

子どもの当たり屋だと思われる

自分は足の打撲だけですみましたが、車のドアがへこんでしまい、損傷がはげしかったようです。両親にもしかられてしまい、子供の当たり屋といわれました。加害者の方も治療費以外にも慰謝料も払うといいだしたのですが、両親は断ったそうです。当時は自分は法に関しては無知であり、全くわかりませんでしたが、ですが、今実際に自分が車を運転する立場になると、自分が徐行をしているときに子供が自分の車に体当たりをされて、自分のほうが過失があるといわれてしまうとたまったものではないと思ってしまいます。

交通事故が起きないように注意する

当時の運転手には本当に申し訳ないことをしたと思っております。自分も交通事故には気をつけてこれからも安全運転で車を運転していきたいと考えております。家族も乗せて走るので、気をつけていきます。

【無料相談】交通事故の慰謝料を増額するなら

DATE:2016/08/26

ピックアップ記事一覧へ